演舞

2019年05月29日

定法、やってきました

空道には基本的に空手等で言う形や、中国武術で言う推手みたいな稽古はありません。
強いていえば基本稽古や移動稽古が、他流で言う形に相当します。
しかし近年、稽古の一環として「定法」という規程の動き(?形)を定めてはどうだろうかという動きがあります。
その為、全国大会や世界大会では決勝戦の前に指定された地域の支部長・黒帯が定法を行います。
そして先日、2019年体力別では、関西地区有志による定法を行う事となりました。


演舞が得意な辻村師範代ならいざ知らず、私(山田)はこういうのがすごく苦手で大変苦慮しました。

2011年インド遠征時は技を見せろ!と言われたにも関わらず、石巻支部の鈴木清司先輩とガチスパーをして、しまった苦い(良い?)思い出もある私でしたが、今回は何とか形にすることができたと思っています。

60056092_708297736252757_2892862728160935936_n

60266679_708297729586091_7370537168428597248_n

60188287_708299339585930_6545116721257119744_n

(安心してください、当ててます)

ある意味試合以上に緊張しました。
試合はやること決めて何年も稽古している事をいつも通りするだけですが、定法とか初めて間もないわけですから・・・。

何はともあれ、拙い演舞でしたが、拝見いただきありがとうございました。


djkansai at 12:00|PermalinkComments(1)