同窓会的な地獄めぐり

2017年09月02日

他流試合3時間

8月27日、日曜日。
この日の指導を、頼れる山田老師にお願いして(老師、いつもありがとうございます‼︎)、「掛け試し稽古会」に行って来ました。

「掛け試し稽古会」とは、元・極真会館世界軽重量級チャンピオンで、現・錬空武館館長の高久昌義先生が主催されてる練習会です。


高久昌義先生。

競技、流派、団体を越えた様々な武道家が集まっての練習会で、いろんな方とお手合わせが出来ます。
休憩を挟みつつも、ほぼ3時間延々マススパーです。

職場の同僚で、琉球空手の澤田さんを誘って行って来ました。

たまたま、神戸同好会責任者の土井先輩と、この間の合宿審査で黒帯を取ったばかりの藤井くんも参加してました。

延々続くマススパー。
太気拳の方とお手合わせ願う私。
普段稽古する方とは異質な動きに、手こずります。

女子の方も参加されてました。

私の同僚澤田さんも、さすがいい動きです。

土井先輩VS藤井くんの同門対決。

元・関西本部の武田さんとも、久しぶりの再会。
今は沖拳会で頑張っておられます。

主催の高久先生。
やはり、「圧」が凄いですね。
不用意に飛び込んで、綺麗に足を刈られてコカされました。

無事終了。

刺激的かつ怖さも有り、大変楽しい3時間でした。
普段やらない方とのスパーリングは、本当に勉強になりました。

懇親会後に、大道塾チームで、高久先生と写真を撮らせていただきました。

高久先生始め、お相手をしていただいた全てのみなさん、本当にありがとうございました。
また、参加させていただきたいと思います。
押忍

羽島





djkansai at 00:51│Comments(0)道場の日常 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
同窓会的な地獄めぐり